トップページ > 連載企画「日本全国 酒の肴巡り」 > 第一回 ムツゴロウの蒲焼き

日本全国 酒の肴巡り

ムツゴロウを炭火で素焼きにしたもの。この状態ではまだ食べられません甘辛の汁で煮込んでつくるムツゴロウの蒲焼き。身の部分のみをそぐようにして食べる

第一回 ムツゴロウの蒲焼き

 ムツゴロウは、有明海や八代海の干潟に生息する体長約15センチのハゼ。頭でっかちで愛嬌のあるこの魚の蒲焼きは、佐賀県有明海地域の伝統料理でもある。
 蒲焼きというとウナギだが、ムツゴロウの蒲焼きはちょっと作り方が違う。まず、炭火にかけた網の上で新鮮なムツゴロウの両面を丁寧に素焼きにする。それを、酒、砂糖、醤油を合わせた煮汁の中に入れて、コトコト煮込んで仕上げるのだ。

 この蒲焼きは、お箸で身を骨からそぎ、ちびりちびりと味わう。淡白な白身に甘辛のタレがじっくり絡んで、けっこうおいしい酒の肴になる。好みで鷹の爪などを入れて辛みを強くするのもいい。魚好きの常で全部食べようとしたのだけれど、頭が大きくて背骨もけっこう固いので、一匹丸ごとガブリというわけにはいかなかった。地元の方たちが言うように、食べられるのはあくまでも身の部分であった。

泡盛の水割りで有明海の旬を食す

 しっかり煮汁がしみ込んだこの肴には、泡盛の水割りを合わせてみた。アルコール度数30度の一般酒(貯蔵3年未満の泡盛)の中から、口当たりが甘めの風味のものを選び、それでやや度数を高めにした水割りをつくった。適度に甘味と塩気が調和したムツゴロウの蒲焼きに、泡盛のほど良い甘味が合う。肴の味付けがやや濃いめなので、泡盛が口の中をすっきりさせてくれるという効果もある。
 ムツゴロウの旬は晩春から初夏にかけてというから、まさにこれからの季節。有明海の干潟を眺めながら、地元の名物を肴に飲む泡盛もまたおいしい。
 このムツゴロウ、蒲焼きではなく塩気をもう少し強くした佃煮風味の調理法もあるという。今回は食べることができなかったが、そういう一品は、もしかしたら泡盛古酒の格好のおつまみになるかもしれない。次回の楽しみにしたい。

今回の食材

ムツゴロウ
Photo by Yokaphoto.net

日本では主に有明海・八代海の干潟に生息するスズキ目・ハゼ科の魚。体長約15センチで、最大20センチに達するという。ムツゴロウの蒲焼きは、佐賀県の伝統料理のひとつでもある。

今回の都道府県

佐賀県

面積: 2,439平方キロ
人口: 852,324人(H22.2.1)
平均温度: 16.1度
有田焼、伊万里焼、唐津焼が国指定伝統的工芸品。有明海の佐賀海苔、牡蠣などの海産物のほか、佐賀牛、玄海牛などの和牛も特産品。嬉野や武雄など温泉地も有名

重要なお知らせ

よくある質問

オンラインショッピング

泡盛百科 携帯サイト