トップページ > 有限会社比嘉酒造

比嘉酒造(残波) ヒガシュゾウ(本島中部地区)

酒造所名: 有限会社比嘉酒造
住所: 沖縄県読谷村字長浜1061
電話: 098-958-2205
FAX: 098-958-3711
創業年: 1948年
ホームページ: http://www.zanpa.co.jp
施設見学: 不可
施設: 製造工場、貯蔵庫、販売店、試飲コーナー
お取り寄せ:
※電話、FAXにて受付

酒造所の理念

太平洋戦争後の1948年創業。沖縄県民に良い泡盛を提供したいとの思いから比嘉酒造の泡盛造りがはじまりました。1955年頃、沖縄では焼酎甲類ブームが起こり、「これからの泡盛は沖縄という地域色よりも、泡盛独自のお酒としての発展が必要」と、マイルドな焼酎甲類を研究することで、新しいタイプの泡盛を開発。比嘉酒造では、創業当時の「より安全でより美味しい泡盛を皆様にお届けしたい」との思いをモットーに、時代にマッチした酒造りを行っています。

酒造所のこだわり

泡盛はどちらかというと男性が飲むものというイメージだった時代、現会長の比嘉健氏は女性や泡盛が苦手な方にも美味しく飲んでもらえる泡盛を造りたいと思い、試行錯誤を重ねてオリジナルの蒸留機を完成させ、現在主力商品である「残波ホワイト」、「残波ブラック」を生み出しました。以降、沖縄という地域にとらわれず、お酒としての泡盛の可能性に全国の市場を意識した酒造りを行っています。また、現在では救急ヘリ(ドクターヘリ)を運航するMESHへのサポートや、読谷村教育委員会や社会福祉協議会へAED(自動体外式除細動器)、車椅子等を寄付するなど地域への貢献や、社屋に太陽光発電システムやバイオガス発酵システム等を取り入れるなど、エコ活動にも積極的に取り組んでいます。

主な受賞暦

  • 泡盛鑑評会:2003・2004・2006・2009年県優等賞受賞 / 全国酒類コンクール泡盛部門:2006年1位・2位、2007年1位受賞 / モンドセレクション:2007年金・銀・銅賞、2008・2009年金賞受賞 / BTIワイン国際酒類コンテスト:2007年銀賞受賞 / 国際味覚品質審査機構(iTQi):2008年三ツ星、二ツ星、2009年二ツ星受賞

主要な銘柄

  • 残波ホワイト

    沖縄の海をイメージして名づけた代表銘柄「残波」のホワイトは、白のフロストボトルを採用し、優しいイメージのデザインから、「ザンシロ」の愛称で親しまれています

  • 残波ブラック

    酒造所のある読谷村の残波岬をイメージして名づけた代表銘柄「残波」のブラックです。「ザンクロ」の愛称で親しまれています

重要なお知らせ

よくある質問

オンラインショッピング

泡盛百科 携帯サイト 携帯サイトの使い方はこちら