トップページ > 崎山酒造廠

崎山酒造廠 サキヤマシュゾウショウ(本島北部地区)

酒造所名: 崎山酒造廠
住所: 沖縄県金武町字伊芸751
電話: 098-968-2417
FAX: 098-968-2463
創業年: 1905年
ホームページ: http://sakiyamashuzo.jp
施設見学:
見学時間:
9:00-17:00
見学所要時間:
30分
施設: 販売店
お取り寄せ:
※酒造所HPのオンラインショッピングをご利用ください

酒造所の理念

受け継がれた伝統製法にこだわり、顧客満足を第一とした商品造りと、環境に配慮した製造工程を確立し、泡盛文化の創造で社会に貢献する。

酒造所のこだわり

琉球王朝から引き継がれた泡盛造りで有名な首里三箇で1905年に創業。以来、崎山酒造廠では、昔ながらの麹棚を使い、じっくりと時間をかけた麹造りを継承しつつ、香りまろやか、味わいやわらか、ふっくらとしたコク感を目指した泡盛造りに重点をおき、二日麹から三日麹へと変えるなど丹念に時間をかけた深い泡盛を造りだしています。現在の工場のある伊芸区には、沖縄では珍しい伏流水が豊かで、泡盛の深い甘さを醸し出します。また、2007年には、黒糖酵母、天然吟醸酵母による新たな泡盛開発など、これまでにない香りと旨さの泡盛も追及しています。近年の古酒造りファンへの要望に応えて、甕の預かりによる、徹底した洗浄から詰め、甕の管理までの一連の工程もシステム化し、泡盛文化の継承と家庭での古酒造りを応援しています。

主な受賞暦

  • 泡盛鑑評会:県知事賞3回、優等賞23回受賞 / 全国酒類コンクール泡盛部門:第22・27回第1位 / モンドセレクション:2006年、2007年、2008年金賞・銀賞受賞 / インターナショナル・スピリッツアワード2006銀賞受賞 / インターナショナル・ワインエンドスピリッツアワード2006銀賞受賞

主要な銘柄

  • 松藤

    二代目崎山起松と、その夫人・藤子の名前を一字づつ取り、二人の思いを泡盛にしました

  • 舞天

    戦後、「沖縄のチャップリン」と呼ばれた漫談家・小那覇舞天さんの愛称をつけました。二代目の崎山起松とも交友があり、彼の芝居のバックアップをするなど戦禍で傷ついた人々の心を笑いで励ました舞天さんの心意気を味に託して、二人の粋な友情を泡盛に込めました

よくある質問

オンラインショッピング

泡盛百科 携帯サイト 携帯サイトの使い方はこちら