トップページ > 株式会社石川酒造場

石川酒造場 イシカワシュゾウジョウ(本島北那覇地区)

酒造所名: 株式会社石川酒造場
住所: 沖縄県西原町字小那覇1438-1
電話: 098-945-3515
FAX: 098-945-3997
創業年: 1949年
ホームページ: http://www.kamejikomi.com
施設見学:

留意点:見学についての詳細はお問い合わせください

施設: 製造工場、貯蔵庫、販売店、試飲コーナー
お取り寄せ:
※酒造所HPのオンラインショッピングをご利用ください

酒造所の理念

「顧客の満足と信頼に沿った製品を提供していくことをモットーとする」「地域社会に貢献する企業として、技術の研鑽と資質の向上に努める」「全従業員の安全の確保と福祉の充実を図り、信頼される企業を目指す」を会社理念とし、由緒正しい泡盛の伝統を守り、後世へ伝え残す責務を果たしています。

酒造所のこだわり

琉球王朝時代から泡盛造りを営んでいた石川家は、戦災による断絶を経て、1949年に首里寒川町で再び創業。1990年に工場を現在の西原町に移転し、現在に至ります。県内では唯一、昔ながらの甕仕込み製法を採用し、一石甕を使って、もろみの攪拌から綿密な温度管理、最後の蒸留に至るまで、職人の技術と手間ひまをかけてすべて手作業で仕込みを行っています。昔から古酒の熟成には甕が適しているとされていますが、石川酒造場では蒸留直後の新酒を数カ月間、甕で貯蔵する「甕貯蔵」にも使用。これにより「みぃかじゃー」と呼ばれる独特のにおいが和らぎ、一般酒でも飲みやすく優しい味わいが生まれます。こうした伝統的な泡盛造りにこだわる一方で、泡盛を蒸留した後に残る酒粕から得られる黒麹もろみ酢の商品化にも成功。2003年には国際規格ISO9001を取得し、衛生管理などにも万全の体制を敷いています。

主な受賞暦

  • 2003年国際規格ISO9001:2000(品質マネジメント)認証取得 / 2005年伝統技術の応用部門で経済産業大臣賞受賞 / 泡盛鑑評会:2003年、2004年、2006〜2008年優等賞受賞

主要な銘柄

  • うりずん

    旧暦の2・3月の、梅雨の前の爽やかな季節をうりずんと呼ぶ。その季節のようにさわやかな飲み心地の酒にしたいという思いを込めて命名しました

  • 玉友

    玉の字は最高の意を表します。その最高の酒を飲みながら友と語る酒でありたいという願いを込めて名づけました

重要なお知らせ

よくある質問

オンラインショッピング

泡盛百科 携帯サイト 携帯サイトの使い方はこちら