もっと泡盛を知る、愉しむポータルサイト

花酒与那国クバ巻ハナザケヨナグニクバマキ

日本最西端の与那国島で台湾の酒文化の影響を受け生まれた花酒。昔ながらの古式地釜直火蒸留で、割り水を入れずにごみ取り濾過のみの原酒で造られています。原料や製造法は泡盛と同じですが60度と高いアルコール度数のため、酒税法上「泡盛」との表記ができず「花酒」としています。蒸留初期の高濃度な部分だけを集めて造った、花のような華やかな香りと甘く芳醇な味わいです。島の生活で使われてきたクバの葉で巻いた三合瓶(600ml)入りです。

酒造所名合名会社崎元酒造所
内容量600 ml