もっと泡盛を知る、愉しむポータルサイト

波照間酒造所
はてるましゅぞうしょ
(八重山)

石垣島から南へ約40kmの波照間島にある日本最南端の酒造所。唯一の銘柄「泡波」は、島の個性を表す特徴的な泡盛としてその名を知られています。家族中心の手作業による酒造りは、創業者の製法を受け継ぎながら改良を重ね、島の気候風土に合わせた味を追求しています。製造量が極めて少ないため、「幻の酒」として入手困難になることもありますが、希少性ではなく島の風土を醸す純朴な酒として、波照間島でじっくりと味わいたい泡盛です。

酒造所名波照間酒造所
住所竹富町字波照間156番地
電話0980-85-8332
FAX
創業年1952年
HP