もっと泡盛を知る、愉しむポータルサイト

泡波アワナミ

日本最南端の酒造所で製造された一般酒、泡波の三合瓶(600ml)サイズ。仕込みの水はやや塩気を含んだ波照間島の地下水を使うなど、島の気候風土に合わせて造られた泡盛は、ソフトな香りと甘くまろやかな飲み口が特色です。飲むほどに味わい深く、水割りにするといっそう風味が引き立ちます。地元・波照間島の人たちのお酒として、直火釜をはじめ伝統的な手法で手造りを続けているため、製造量が少なくなかなか市場に出回らないのが現状です。

酒造所名波照間酒造所
内容量600 ml