もっと泡盛を知る、愉しむポータルサイト

有限会社識名酒造
ゆうげんがいしゃしきなしゅぞう
(那覇・南部)

1918年に首里城のふもと、赤田町で創業した酒造所。昔ながらの味の継承に努め、もろみの仕込み、蒸留方法には門外不出の独自の技術を導入。創業当時から造られている看板銘柄の「時雨」は、戦後の沖縄で量り売りが主流だった頃、最初に瓶詰めして名前を付け、ラベルを貼って売り出された泡盛としても知られています。また、最古といわれる古酒を持っていることでも知られ、戦火を逃れた150年古酒と130年古酒が保管されています。

酒造所名有限会社識名酒造
住所那覇市首里赤田町2-48
電話098-884-5451
FAX098-884-5458
創業年1918年
HP